野菜に直接噴霧して大丈夫

大丈夫です。しかも、その後に洗い流す必要がありません。というのは、厚生労働省の食品、食品添加物の殺菌料の分類で最終製品のジアマックスは、洗い流す必要がないと認められているからです。

一般財団法人 日本食品分析センターで食中毒の原因となるノロウィルス(代替試験)や大腸菌0-157などの細菌を殺菌しております。

お皿やまな板、包丁、お弁当に使用するお弁当箱など直接噴霧して除菌した後に洗い流す必要がないので、料理の手間が大幅に短縮できます。

https://jiamax.biz

次亜塩素酸ナトリウムとは

次亜塩素酸ナトリウムは、その存在が無くして日本の公衆衛生は成り立たないという程

大切な製剤です。

日本国内においては、飲料水や調理用水として使用を認められている水には全て、

次亜塩素酸ナトリウム等にて除菌する事が食品衛生法で義務付けられています。

また、プールや公衆浴場等多くの人や集客を目的とした所では、様々な感染予防の為に次亜塩

素酸ナトリウム等を使用する事や定期的に塩素濃度を記録してはじめて営業が許可されます。

ジアマックスは弱酸性の次亜塩素酸ナトリウムで塩素濃度が80ppmと極めて低いので、安心してご使用いただけます。

https://jiamax.biz

驚異の除菌力とその持続期間

ウィルスや細菌を即効除菌します。

除菌率は驚異の99、9%以上です。

一般財団法人 日本食品分析センターにてインフルエンザやノロウィルス(代用試験)など

様々なウィルスと食中毒の原因となる大腸O-157やウェルス菌、セレウス菌などの手強い菌に

も殺菌・抑制効果があると検証されています。

下記の図は

紙タオルにJIAMAXを染み込ませ、テーブルの一般細菌の拭き取りを行ない、数を調べた結果です。
長期間の除菌有効性を見るため、染み込ませた後は保管し、保管から2ヶ月後、3ヶ月後の紙タオルを使用しました。

長期間に渡る効果がありました。

https://jiamax.biz

次亜塩素酸ナトリウム

ジアマックス は、経済産業省においては、次亜塩素酸に分類されます。一方、厚生労働省においては、次亜塩素酸ナトリウムに分類されて、最終製品であるジアマックスを洗い流さず使用できる食品及び食品添加物殺菌料製剤として認定しています。その為、野菜などの食べ物やまな板、包丁に直接噴霧して除菌した後、洗い流さずご使用もしくは食べていただいて問題がないです。

https://jiamax.biz

花粉アレルギーに対して

花粉症に対する効果を実感しているというお声を多数いただいています。花粉症に対しての検証をしていませんが、以下の理由から実感されているのだと推測されます。花粉症のメカニズムは、花粉に含まれるタンパク質がアレルゲンになって起こる為、魚などの腐敗菌(タンパク質)を分解する仕組みと理論的に同じであると思われます。ジアマックスは容易にタンパク質を分解するので、手がすべすべになったり、皮脂がとてたりするのと同じことが花粉に対しても起こっているのと考えられます。花粉症のタンパク質を分解するので効果があると考えられます。

https://jiamax.biz